内科,循環器科,消化器科,皮膚科,理学診療科
〒221-0065 神奈川県横浜市神奈川区白楽100-5
白楽コミュニティープラザ3階
TEL 045-402-5650

 

トップページ»  心臓超音波検査について

心臓超音波検査について

平素は高血圧・心臓病の治療に対する当院の診療方針にご理解頂きまして有り難うございます。

さて、日本循環器学会の新しいガイドラインが実施されようとしています。患者さんに解り易く説明しますと次のように要約されます。高血圧の患者さんは現在日本に700万人いて、また糖尿病に関しては成人の10人に1人が罹患しております。そして高血圧の患者さんのなんと4割が心臓に何らかの負担を持っており、相当な数の心臓肥大者がいることが予測されています。心臓肥大は将来、心不全や心筋梗塞をきたす大変怖い病態です。職場の健康診断やドックでの心電図検査では心臓肥大を判定するには限度があります。血圧も最近は病院で測った数値よりも家庭で測った数値の方が患者さんの日内変動をよく反映していると言われるようになりました。特に、夜間と早朝の血圧の高いことが臓器障害を促進させると言われています。臓器障害の指標として「心臓の重量」または「心臓の肥大」が重要であると言われています。

心臓病に対する分子生物学的な研究と同等に重要なものに、心臓超音波検査による「心臓肥大」の測定と、「心機能」の測定があげられています。そこで当院としましては、今よりも心臓超音波検査の回数をもっと増やして、皆さまの健康管理にお役立て出来るようにすることに致しました。